• ケース1 受発注業務が煩雑になり、
    誰が何をすべきか明確でなく、
    抜け漏れが発生していた・・・

    業種:機械器具卸売業

1. 導入前の課題

10年前に導入した販売管理システムの使い勝手が悪く、受発注管理に手間がかかっていた。

2. 選定の理由

必須要望であったロット番号・シリアル番号別の在庫管理が標準で備わっていた点はもちろん、タスクフロー管理の使いやすさ・管理のしやすさを評価して導入を決定。

3. 導入の効果

自分のタスクがすぐに把握でき、完了後は次の担当者へ引き渡せるので、担当者間での抜け漏れがなくなり効率的な管理を実現できた。